×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

派遣社員の失業保険

スポンサード リンク

 

 

失業保険のもらい方

 

派遣の失業保険 

 

派遣社員でも失業保険は受けられるのかという
疑問は働く意識のうちに誰しも持つものです。

 

労働者である以上、自分の持つ権利については
ちゃんと行使したほうが良いのは言うまでもありません。

派遣社員さんが、もしなんらかの理由で退職した場合には
条件を満たしていれば、失業保険が受けられます。

 


基本的な条件


一番には雇用保険に加入していることが大前提になります。
その場合、会社で健康保険や厚生年金などに加入していれば、ほぼ
雇用保険にも加入しています。

 

そして現在では最低12ヶ月間加入していれば、受給資格が生まれます。
11ヶ月しか働いていない人はあとがんばって1ヶ月は働くようにしましょう。

そして毎月貰える給与明細には控除されているものとして、税金や社会保険の
中に雇用保険料も差し引かれているか確認しておけばよろしいかと
思います。

 


雇用保険に加入できない理由

 

1週間で労働時間が20時間未満の方
1年以上引き続き雇用が見込まれない

などが理由になっています。

 


退職の理由

 

実際に雇用保険をもらうにあたっては退職の理由は保険が
貰えるまでの期間に影響してきます。それは自己都合による
退社と会社都合にようるものです。受給を受けるまでの期間の
違いははハローワークで調べればわかります。


基本的には自己都合による退社は受給までの期間が長く
会社都合による場合は早いです。

 


派遣会社を辞めるときには離職票というのを請求し、それを
もって職業安定所にいきます。そのときに退職したときの
判断をされますので、退職した理由が派遣会社と食い違いが
ある場合にはその旨を職安の担当者にしっかり伝えます。

最終的には職安側が決めることになります。

 

 


派遣登録される方はこちらからどうぞ 無料登録→ ジョブリンク

                                                                                 →  インディビジョン派遣

 

 
 
スポンサードリンク