×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職の動機

スポンサード リンク

 

 

転職の動機づけ

 

転職をする上で肝心である動機、これはあらゆる
状況であると思います。現状よりいい環境を望むのは
どんな人でも思うことだとおもいます。
 

数ヶ月や数年働いている人でも、職場を変えることは
あります。また今の職場に満足している人も今後そのような
可能性がないとも限りません。
 
 
その上で転職をするにはしっかりとした動機づけが必要になります。
安易な考えではなかなかいい転職先はみつからないでしょう。
 
 

動機を掘り下げる
 
よくある動機として「今より給料のいいところ」で働きたい。
と思う人は結構いるのではないでしょうか。そういう動機は
薄っぺらとはいいませんが、かなり表面的すぎるのではないでしょうか。
 

そこで必要なのはなぜ給料の高い仕事があなたに必要なのかだと
思います。そこには理由があるはずです。家族を養うとかまたは
自分の能力が同じ会社の人と比べて数字的に出ているなどといった
理由です。
 
 
ただ始めの家族を養ったり病気の家族の手当てなどの理由では自己責任の
範疇なので、それを賄うためにもっと働くか自分の能力をあげるしか
ありません。
 
 
また結果として能力の高い人は正当な評価を得るために他社と比較して
その給料の相場を検討してみることがいいと思います。あまりにもその
業界で能力に対して給料が劣る場合、まずは今勤めている会社に交渉を
した方が良いのかと思いますが、それは各事情もありますので、一概には
いえない部分もあります。
 
 

自己分析
 
転職を希望する上では自分の特徴や能力などといった分析が必要です。
そしてそれを面接の時にアピールすることも大事ですが、過去の実績
として、見せることができるのなら、それに越したことはありません。
 
 
転職は新規採用とは違い、あなたの過去の職歴を重視します。採用する
会社としては自社に役に立つ人材を即戦力として求めていますから、
あなたが出来ることをくまなく知りたがるはずです。
 
 
それによってあなたの採用か不採用が決まり、かつ給料も変ってきます
ので、しっかりとした自己分析に基づいたアピールが大切なのです。
 
         
                                                                      派遣会社に登録 

トライすること
 
転職は自分に合う会社を再度探すわけですから、大いに不安や焦燥に
かられることもあるかと思います。 自分のいく道が決まらずにいるわけ
ですからかなり大変です。 
 
 
ただそんな時でもいいところが見つかるまでは何度も会社を選んでください。 
たとえ一度面接を受けた会社で不採用になったとしても、あなたの価値が
失われるわけではありません。ただお互いに合わなかっただけです。
 
 
そしていい所に就職できるまでは決してあきらめないでください。 
 
派遣会社で転職、成功への道
 
 

 

こちらの無料レポートも参考にしてください↓                          『〜面接官が教える〜転職活動に成功する7つの法則』


派遣登録される方はこちらからどうぞ 無料登録→ ジョブリンク

                                                                                   インディビジョン派遣

 

 

 
スポンサード リンク